朝一ティーショットでOBを打たない為に

朝一ティーショットでOBを打たない為に

朝一のティーショットは緊張、筋肉のこわばりで失敗してしまうアマチュアゴルファーが多いのではないでしょうか。

朝一ティーショットが失敗してしまうと、今日1日のラウンドが憂鬱になってしまいます。

朝一ティーショットが決まらない原因

朝一のティーショットが決まらない原因は様々あります。

ですが、おそらくほとんどの方が

緊張と寝起きの筋肉のこわばりで腰、肩が回らない

スイングリズムが崩れ手打ちに

それらを補う為に高く遠くに打とうとしてヘッドアップ

というのが原因だと思います。

そこで、朝一ティーショットを成功させる為の秘訣をお伝えいたします。

1.朝のストレッチは入念に!

朝一のティーショットは自分が思っているよりも体は硬く十分な捻転が出来にくい状況にあります。まずはゴルフ場に着いたら、肩回りや股関節のストレッチを十分に行いましょう!!市販のチューブなどを使って、軽い負荷をかけて行うストレッチをおすすめいたします。

2.練習場での素振りは欠かさない

ストレッチ後、ゴルフ場内にある練習場に行きましょう。
そこでは、いきなりボールを打つのではなく十分に素振りを行いましょう。
自分の体を起こす為にも、スイングのチェック部分を意識しながらゆっくり振りしょう。

練習場で行うフォーミングアップ

クラブ2本を持って、ゆっくり大きくスイング軌道を意識して素振り

クラブを一本に持ち替え、腰の捻転、肩周りを意識し大きく素振り

ヘッドアップ、体の開きを意識しながらボールを打っていく

3.朝一のTeeショットではTeeを高めに!

朝一のティーショットは周りの人も見ていて緊張することもあります。
振り急いでチョロや大ダフリなどしてしまう事もあります。
当然普段のスイングは出来にくい状況ですので、ティーUPは高めに
して、ボールが捕まりやすい状況にしましょう。

4.大振りせずにミートを心掛ける事!!

勿論正確に遠くに朝一から飛べば満足ですが、やはり体は思う様に
動きにくいものです。しっかりとミートを心掛けていきましょう。

番外.失敗するわけがないという気楽な気持ちで

皆さんもご存知の通り、
スライスをしたくないと考えれば、カットに入ってスライスをしてしまい
池に入れたくないと考えれば、高く打とうとしてしまいヘッドアップでトップしてしまう
それがゴルフです。
ですので、精神論になりますがティーショットの場合スライスやOBなどは考えずしっかり前に転がす事のみ考えていたらいいのです。
転がして150yd!
それでもいいのです!!

スコアアップカテゴリの最新記事