100切りアプローチ

100切りアプローチ

先日、100切りを目指している職場の上司とゴルフに行ってきました。

ゴルフを始めた時からご一緒していますが

Tショットも、アイアンもなかなかいい感じになってきました。

「お!これは100切れるんじゃ!」と思ったのはつかの間。

グリーン周りのアプローチで、ざっくり、トップ、ざっくりで行ったり来たり。。。

前半はとりあえず、何も聞かずにお昼休みにヒアリングしてみました。

私「どうしてハンドファーストに打ってるの?」

上司「アプローチはハンドファーストだろ ( -`ω-)どや」

私「いえ、どうしてハンドファーストでロフト立てて打つんですか?」

上司「。。。。。。。。。。アプローチはハンドファーストだろ ( -`ω-)どや」

ハンドファーストが初心者には危ない理由!

上司「ロフトが立ってー、転がすアプローチ打ちやすいしー。。。etc」

SWをハンドファーストで立てた時の様子を、写真を傾けて再現してみました。

確かに転がしやすそうですね。。。

ただ。。歯が出てませんかね。バンスも浮いて機能しませんようね。

7番アイアンを通常通り構えた時の様子をご覧ください。

ロフト角が、SW立てた時とほぼ一緒ではないですか??

しかも、しっかりバンスも効く。

どっちが簡単でしょうか????

絶対、7番アイアンで転がす方が簡単に決まってます。

結論!!!!

はい、結論!100切りを目指している方は、ハンドファーストをやめてください!!(※私個人の見解です。)

ロフトを立てたいなら、初めから立っているアイアンで転がしてください!

もしくは、打てるならパターで!!

以上!

スコアアップカテゴリの最新記事