CATEGORY ニュース

  • 2019.04.01

タイガーウッズ準決勝敗退

WGCデルテクノロジーズマッチプレー テキサス州オースティンCC 7108yd(パー71) マッチプレーで行われる本大会。 タイガーウッズは、準決勝でルーカス・ビエルゴールに破れた。 ルーカス・ビエルゴール 欧州ツアー男子 賞金ランキング:81位 男子世界ランキング:52位 27歳、身長188cmの大柄な選手 最近、二試合でも30以内に入ってきている、新星の注目選手である。

  • 2019.04.01

ヒーローインディアン・オープン

男子ゴルフ欧州アジアン共同開催ヒーローインディアン・オープン。 最終日31日 DLF・GC(パー72) 3日を終え、3位の川村昌弘は4ボギーの73とスコアを落とし、1打及ばず通算8アンダーで2位だった。 優勝したのは、4位スタートのスティーブンギャラハー. 71でプレーし、通算9アンダーで優勝を果たした。 

  • 2019.03.10

比嘉真美子優勝

ダイキンオーキッドレディス(3/7-10) 琉球GC 最新モデルG410に切り替えた比嘉真美子が、 1 比嘉 真美子 70 66 71 76 283 -5 で、地元で初優勝を飾った。 G410シリーズは、前シリーズG400にさらに飛びをプラスし ミスに強い作りになっている。

  • 2019.01.26

皆さんこんにちはホーリードライブの児玉です。 本日は非常に荒れた天候になりましたね!! 風邪など引かれないようご自愛下さい。 さて本日はこちらのクラブのご紹介です。 PING I500のアイアンです。 ブレードタイプのアイアンで、非常にスマートな顔立ちが特徴です。 ヘッドは中空構造で、しかもフェースはマレージング鋼になっております。 最近飛距離が落ちた、だけど大きいヘッドには違和感を感じる方 非常 […]

  • 2019.01.11

ソニーオープン開幕!!

皆さんこんにちはホーリードライブの児玉です。 さて、本日より開幕したソニーオープン、今回は誰が優勝するのでしょうか? 日本からは松山プロ、今平プロ、池田プロ、小平プロ、星野プロ、稲森プロ、そしてアマチュアの金谷さん が出場しております。 青木プロ以来の日本人優勝はあるのでしょうか? またPGA公式ツアーの事実上開幕戦であり、大会期間中は約5万人が会場上を訪れる ハワイ随一のゴルフの祭典でもあるので […]

  • 2018.11.28

変則スイングで人気沸騰中  崔虎星-チェホソン

カシオワールドオープン最終日 (11/25)  海外で変則スイングで人気の 崔虎星-チェ・ホソン選手(韓国)が、5年ぶり2度目となる日本ツアー優勝を果たした。 崔虎星-チェ・ホソン選手 1973年9月23日生まれの、韓国のプロゴルファーである。 2012年に日本ツアー参加を決意し、2013年インドネシアPGAツアーで初優勝を飾る。 独特なスイングで、突如アメリカでプチブレイク。 そのスイングは、「 […]

  • 2018.11.27

平均飛距離340ヤード、大型ルーキー現る!

キャメロン・チャンプ2017年プロ転向を果たしキャメロン・チャンププロ9戦目、2018年10月「サンダーソンファームズ選手権」で初優勝を飾った。 プロフィール 1995年生まれの23歳 身長183cm 79kg 平均飛距離は328.2ydで、現在平均飛距離世界ランキング1位 (米国男子 平均飛距離ランキング 2018-2019年度) どのくらいすごいかというと。 去年のランキングは、(米国男子 平 […]

  • 2018.11.16

松山英樹 人生初の誤球で2打罰受ける

・ダンロップフェニックストーナメント 初日(15日) ・フェニックスカントリークラブ(宮崎県) 10ホールからスタートした松山英樹。前半14ホールの第2打、ピン1メートルに寄せバーディーチャンスとしたが。。。 その2打目に打ったボールは、実は同組の星野陸也のボール。 星野のボールを誤って打ってしまったため、2打罰を加えてしまいこのホールダブルボギーとした。 ※誤球 自分のインプレーの球以外の球を […]

  • 2018.10.29

11年目木下裕太初V

マイナビABC選手権最終日(28日、兵庫・ABC CG) プロ11年目木下裕太(32)が69で回り、通算15アンダーで並んだ川村昌弘(25)とのプレーオフをイーグルで制して、ツアー初優勝した。 最終18Hティーショットが林に入ってしまうが、ラフまで出てくるという幸運が。 その後、なんとかパーで乗り切るも、同じ組の川村にバーディーで並ばれプレーオフに突入。 プレーオフでは、木下が残り205ヤードの2 […]

  • 2018.10.26

Pリードが首位発進

WGC HSBCチャンピョンシップ初日(25日) in上海 パトリックリードが8アンダー「64」で首位発進となった。 強風のコンディションの中安定したショットを見せたリードは、すべてのホールで バーディーチャンスを狙える位置につけた。 松山英樹、小平智がともに「72」で周り27位タイとしている。 現在世界ランク1位のブルックスケプカも同様にイーブンパーとし 同27タイで初日を終了した。